Be Active!

疲れが回復する体を目指して、1日15分の筋トレをスタート(山田博さんVol.1)

LINEで送る
Pocket

今回インタビューさせていただいたのは山田博さん

株式会社森へ代表取締役 1964年 東京都生まれ。1987年、東北大学教育学部卒業、株式会社リクルート入社。人材採用、採用広告・教育研修の企画営業、営業マネジメント、教育研修事業の事業企画の仕事に従事。自らが受けたコーチングで、人生の方向性を見出したことがきっかけとなり、コーアクティブコーチングを習得。2003年CPCC(Certified Professional Co-Active Coach)を取得し、2004年に独立。また、長男の誕生をきっかけに親子、家族がお互いを育み合う関係を支援する活動を始め、2005年にNPO法人ファミリーツリーを設立。各種ワークショップやキャンプ活動を展開している。2006年からは、自然の中で自分を見つめ、感じる力を解き放つ「森のワークショップ」もスタートさせ、現在は経営者向けの「森のリトリート」を展開。2011年、人が自然、大地とのつながりを思い出し、ずっと先の世代までこの地球ですべての生命と共に平和に暮らすという願いを込めて、株式会社 森へ を設立。http://www.totheforest.jp/

 

山田博さんとお会いするのは、実は今回初めて。知人の紹介でインタビューをさせていただくことになりました。知人から、最近トレーニングを始め、体の変化を感じ、続けている方がいるということで、お話を伺いました。

対処療法を続けた40代。突然の背中痛が……体への意識を変えました。

_博さん、今日はよろしくお願いします。いつ頃から、どのような経緯でトレーニングを始めることになったのですか?

私は、10月生まれで、今51歳なんですが、始めるときにもうすぐ50歳になるので、っていう話をした記憶があるので、その前からだと思います。

 

_ということは、昨年の10月より前ですか?

はい、そうですね。体のことについて、40代の後半まで何にもしてこなかったんですよ。いわゆるマッサージとか、体が痛いからどこかへ行くとか、メンテナンスも一切しないできたんです。太ったりもしないので、ダイエットもしたことがない。気がつけば、体のことを全く考えずにきちゃったんですけど、50歳になるにあたって、さすがに体が老化してきてるんじゃないかと思って、トレーニングを始めました。

 

_そうなんですね。

日々仕事をしていて、回復力がどんどん落ちていくのを感じたんです。それまでは疲れても、戻せる力があったんですけどね。

 

_回復力、戻せる力。

あったんですよね。40代前半とか、中盤までは。なんだけど、ある時に、寝ていたら、背中がものすごい張って、夜中に起きちゃったんですよ。

 

_痛くてですか?

痛くて。痛くてってか、強烈な痛みじゃなくて、息が深くできない感じ。

 

_苦しかったんですか?

寝苦しいってあるじゃないですか。寝苦しいのちょっときついやつになってしまい、夜中に起きてしまって。「何だ、この背中、気持ち悪い!」って思って。それで自覚したんです。体が疲れを回復する力が、足りなくなってきたんだなって。このまま放置しておくと50代には多分ぼろぼろになるだろうな……と思いました。

 

_それまで、回復力が不足してきたとは感じなかったんですか?

あんまり感じなかったですね。

 

_お仕事は、かなりハードでいらっしゃいますよね? 以前は体力が結構あったんですね?

体力はあるほうなんですよね、多分。子どもの頃に野球をやっていて、子どもの頃の体力とかって残るっていうじゃないですか。貯蓄じゃないけど。だから、結構、体は丈夫なほうなんですよ。多少のハードワークでも倒れたりはしない。だけど、すごい耐えて、耐えてバタッと倒れるタイプなんですよ。

 

_前兆がなく、自分では気づかないタイプですね。

はい。気づかない、前兆なしタイプです。だから例えばものすごいスケジュールをこなして仕事をしていると、誰かが僕の背中を触って「バリバリに凝っていますよ」とか言われたりします。本人は「そう?」っていう感じで、鉄板みたいですよ、と言われても「あ、そうなの?」くらいな感覚で気づいてないんですよ。

 

_実際そういう状態の時は、辛くはないんですか?

辛くないんですよ。それまではね。だけど、その背中が張って寝苦しくて夜中に起きた夜から自覚するようになったんです。

 

_そうだったんですね。

その時にさすがにまずいと思って、仕事仲間でもあって、スポーツジムをやっていたことがある友人に相談したんです。その彼は、寝苦しくて起きた夜に仕事で一緒に宿泊していのですが、彼に「博さん、やばいっすよ」と言われて。それからひと通りいろいろとやったんです。鍼とか、ストレッチとか、マッサージも水泳も。

 

_かなりいろいろとやりましたね。

みんなそれぞれにアドバイスをくれるので、何がいいのかわからなくなって。だけどひとつずつやってみようと思って、やっていきました。それで、一番続いたのが実はストレッチだったんです。

 

_そのストレッチは自分流でやっていたんですか?

それは、最近よく街の中で見かけるストレッチ専門のジムでやり始めました。よく行く場所の近くにあったので、ちょっと行ってみたら、あ、気持ちいい。と思って、半年くらい続けてみたんです。そうしたら、確かに体にいい感じだったんです。あ、今まで伸びていなかったところが伸びているな〜とか、そういう感覚もあったので、しばらくは、これで良いのかなって思っていたんですけど……。半年ぐらい立った頃に「なんかちょっとなんか違うかもしれない」なと思いはじめてしまったんですね。

 

_なんか違う?

感覚的には、ストレッチをやってもらった時は良いんですが、終わってしまうと伸ばしたものが急に元に戻っていく感じがするんですよね。縮んでいくっていうか。これはちょっと違うなって思っていた時に、友人からパーソナルトレーニングがいいんじゃないの? とトレーナーの紹介を受けました。

自分の姿勢や肩こりの原因のこと、すべて初めて知ることばかり!

_それでパーソナルトレーニングを?

はい。それがすごいんですよ。最初にカウンセリングをしてくれて。「将来どういう体になりたいんですか?」と、こちらのニーズを聞いてくれたんです。僕のニーズは50代、60代にも沢山やりたいことがあるので、やりたいことをやり続けられる体になりたい。具体的にいうと、疲れが回復できる体、になりたいんです。確か初回でそういうことを話しました。あと、運動を始めたいんだけど、今、この体の状態で運動すると、怪我をしそうな気がする。それはストレッチのトレーナーにも言われたんですよ。このまま運動を始めたら絶対に怪我をしますよって。膝を痛めたり、どこか痛めますよ、と。要するに体が凝りすぎている、と言われたんです。それで、トレーナーにも、いずれ運動したいので運動を始められる下準備をしたい、と伝えました。そうしたら「わかりました」って。その場で立った状態の姿勢など数枚写真を撮ってくれて、今、僕の体がどんな状態になっているのかを写真付きで解説してくれました。体のこの線が整っていませんとか、頭が前に出て猫背になって腰が反ってますとか。だから背中が凝りますという理由を明確に全部説明してくれて、僕はもう「へー、初めて知った!」って感動しましたね。

 hiroshiyamada

_現状分析ですね。

ええ。体のことなんにも知らなかったから。初めて詳しく解説をしてもらえて、なるほどなーっと。あと仕事柄、生活が不規則なんですね。毎日朝9時~5時までとかではないので、決まった曜日、決まった時間にトレーニングやるのは難しい。そんな自分にも合うやり方を組んでくれると言ってくれました。それって、すごいことですよね? すぐに、生活の中で確保できる時間を聞かれたので、毎日は無理ですって伝えました。1日おきぐらい、週4日程度なら……とお話したと思います。

 

_週4日って結構な頻度かと思いますが。

そうですか? 週4日といっても、1回15分です。

 

_すごく現実的な路線ですね。

毎回30分は無理だけど、15分だったら細切れの時間を足して、頑張ればできるかなと思って。そうしたら週4日間、1回15分で出来るメニューを提案してくれました。僕のためのオリジナルメニュー。やることは、22種類くらい。ニーズのとおりに、疲れにくくて運動ができるような体になっていくために、伸ばすべきところと、筋肉をつけるべきところ、その両方をやらないと、僕のニーズは叶えられないと教えてくれました。

 

_ご自身で認識していたとおり、ストレッチだけじゃダメだったってことですね?

僕が感じていたのはそれだったんですね。その時にわかりました。ストレッチで伸ばすだけではダメだったのはこういうことか、と。筋肉がつくべきところについていないと結局また縮んじゃう。伸ばす側と伸ばされる側両方に筋肉をつけないとダメなんだと。裏表になっていると聞いて、なるほどねと、納得。ただ、その22種類のトレーニングがきついんですよ。

 

_22種類は4日間で22種類ですか? 1日5種類ってことですか?

そうですね、1日5種類くらい。

 

_5種類を15分でやるわけですね。

1日5種類、15分だったら出来ると思うじゃないですか。でも最初にメニューを提案してくれた時は、1時間半くらいかけて22種類の動きを覚えるためのセッションをやったんですが、それは、かなりハードでしたね。死にそうになりました。

 

_でもやったんですよね?

やりました。手足の動き、体がばらばらになりそうになりましたし、1種類覚えるだけでも結構大変なんですよ。やったことない動きだから。

 

_そうなんですね。

「手を上げてください」とか言われるんだけど、上げると「そこじゃなくて、このくらいで。」とか言われたりして……。それが、なかなかできない。要は、縮んでいるから、腕が上がらない。そんな感じで最初のセッションでは22種類全部やりましたね。トレーナーがすごいのは「うまく出来てますよ~」とかたまに褒めておきながら、容赦はしない。「はいもうちょっと上」とか(笑)。

 

_厳しかったですか?

でもやりましたね。22種類を1ヶ月やって、またチェックしてもらうんです。どのくらい姿勢が変わったかとか、また写真を撮ってもらって。それが、確かに変化があるんですよ。

週4日、1日15分のトレーニングで「博さん最近、姿勢がいいですね」と言われるほど変化があった。

_1ヶ月ですごい成果ですね!

はい。それって、励みになるじゃないですか。自分でも「わっ、変わってる!」と思いましたね。1、2ヶ月経った頃には周りの人からも言われるようになりました。「博さん最近、姿勢がいいですね」とか。人から言われるって、結構なもんだんなって。

 

_見た目にも大きな変化が出てきたってことですね。

出ているんですよ。結構、それびっくりしました。姿勢よくしようとやってるわけじゃないのに、普通にしているだけで「姿勢がいい」と言われることは、なんか嬉しい。これだけ早く成果が出るんだって、驚いたんです。

 

_週4日、1日15分続けたんですね。

やりましたよ。やりました。やりました。自分でちゃんとコミットしていたんで。50代、やっぱり会社のことも含めて、自分がやりたいことは沢山あるし、将来なんかこうなったら良いなっていうビジョンがあるわけですよ。それをやっぱり実現したいじゃないですか。

 

_そうですね。

それに向けて、やっぱり体がないとできないっていうのと、夜中に背中が痛くて起きたっていうインパクトがすごい残ってて、このままじゃダメだって思ったんですね。

 

_そこで本当によく気づきましたね。

よく気づきましたね。

 

_そういうの症状が出ても、繰り返してしまう方もいると思うんですよね。ダメだダメだ、と思いつつも、対処療法を繰り返してしまう。

実は、繰り返してきたんですよ、僕自身が。何年かに1回、体を壊したりとか、懲りないでずっとやってきたんです。でもさすがに50代になったら、大袈裟に聞こえるかもしれないんですが、このままでは自分は死ぬかもなって思いました。背中痛くて起きるくらいのことはね、神様が「ちょっとお前ええかげんにせい!」と言ってくれたんじゃないかなーって。あの経験は、トレーニングをめげそうになると思い出しては、いかん、いかん。やる、やる、やります! と思っています。

 

_すごく良いきっかけで、素晴らしいトレーナーとの出会いもあったんですね。

そうなんですよ。彼女に出会えたのは、本当に良かったです。彼女は本当に一生懸命な方で、しかもたぶん、トレーナーとしてフリーになって僕が初めてのお客さんだったんじゃないかな。

 

_そうなんですね。

たぶんそうだと思うんですよね。だから、最初は彼女もやり方がまだ分からなくて、って自分でも言っていましたよ。僕も自分で独立して仕事を始めたから、すごくわかるんですよね、それが。会社勤めを辞めて、コーチングという世界で独立したとき、個人で始めたから、なんにもなかったんです。その時に初めて自分のお客さんになってくれた人ってやっぱりすごく嬉しかったんですよね。なんかそういう自分の思いもあったので、もしかしたらこのトレーナーも同じような気持ちでやっているのかな、頑張ってほしいなって。最初のお客さんの出来が悪いと、彼女もこの仕事が嫌な印象になっちゃうかな、って。それもあって、彼女にも頑張って欲しいから、ちゃんとやろう、というモチベーションもありましたね。

 

_それは、トレーナーの方にとっても、いい出会いですね。

自分がうまく成果をだせば彼女のこの先の仕事の励みにもなるし、そんなことを思って2ヶ月位したら、姿勢が良くなってきて、あと、気がついたら起きた時の疲れのとれ方が変わってきました。

 

_どんなふうに変わったんですか?

すっきり感。

 

_それはもう明らかに違かったんですか?

明らかに違うんですよ。体が感じる重さが。もちろん感覚ですけど。体が重いっていうときありますよね? 仕事柄、何日間か集中して森に入ったりとか、集中してワークショップやったりするので、ものすごい集中力を使うんですよね。それが終わると、集中から開放されるので、その反動で“どーん”と疲れるんです。それが、軽減されました。ゼロじゃないですよ。いままでとは確かに疲労感が違う。あとは、筋肉を使いたいとは、まったく思ってないんですが、結構ついてきたんです。

 hiroshiyamada

_トレーニングによる変化をご自身でも実感してきたんですね。

筋肉がついてきたのは見た目もわかりましたし、体格が良くなった。体重はほとんど変わってないですけどね。

 

_トレーニングでやっているのはストレッチと補強運動といった感じですか?

そうですね。

 ファシリテーターは持久力勝負。次は持久力をつけたいですね。

_それは今でもずっと継続中ですか?

今もやっています。メニューが最初は22種類だったんですが、それをまず半年くらいやりました。最初にお願いしていた疲れが回復する体と、運動を始められる体まではなんとなく来たかな、と思います。今、次どうしよう? というのがあって、欲を言えば、持久力。それをつけられたらいいなって思っています。

 

_ランニングとか?水泳とか?を始めたいっていうことですか?

運動というよりは、立ってずっと仕事することが多いんですよ。

 

_ワークショップの講師やファシリテーターに必要な持久力?

そうです。ずっと立っていると当たり前ですけど、疲れるんですね。それで、持久力が欲しいなって思ったんです。

 

_今は持久力をつけるトレーニングをしているのですか?

そうなんです。持久力用のメユーを新しく作って、提案してくれました。今までの22種類とは、ガラッと入れ替えて。今のメニューは15種類ぐらい。

 

_自宅でのトレーニングって、実際は結構地味ですよね?

地味。すごーい地味です。

 

_その地味なトレーニングを、ずっと続けてこられているのは、結構すごいと思うのですが。1日15分とはいえ、つい忙しいと後回しにしてしまったりしませんか?

自分がこういうのが実は好きだからかも知れないですね。僕は決めるとやるタイプなんですよ。どんなこともそうなんです。自分が納得して決めたら、かなりしつこくやる。だから合っていたんでしょうね。あと、やっぱり1日15分という手軽さが良かった。わざわざジムに行かなくても、家にいて思いついたらすぐ出来るんですよ。器具もバランスボールとかその程度でいいから、なんにもいらない。それが良かったですね。これがどこかに行って準備をしてから15分だったら絶対に続いてないです。

 

_自分の時間の中に上手に組み込んでいるんですね。

そう。トレーナーにも、これは今までにない画期的なやり方だって伝えました。その後、友人にたくさん紹介しましたよ。

 

_紹介。それはトレーナーにとってもうれしいことですね。

「博さん、最近なんでそんなに姿勢が良くなったの?」ってきかれるから。実は、って話をしていますね。

 

_口コミってやつですね。

話をするとほぼ100%の人が「紹介して!」って言いますね。

 

_すごい宣伝ですね!

そのくらい、この体のことってニーズがあるって思います。だからもっともっとやったほうがいいってトレーナーに言っています。

 

次回は1月8日(金)更新
50代になってからの体との向き合い方、地味なトレーニングを続けることができたモチベーションなどを伺っていきます。

この記事の著者

森村ゆき
森村ゆき
RunforSmile株式会社代表取締役。2004年に初挑戦したホノルルマラソンで、改めて体を動かす素晴らしさを体感し「より多くの人に体を動かす素晴らしさを味わってほしい!」と“スポーツ”と“コミュニティ”をキーワードに、さまざまな活動をスタート。
2005年、ホノルルマラソン完走をきっかけに友人たちと立ち上げた『PARACUP~世界の子どもたちに贈るRUN~』は、楽しみながら走ることで世界の子どもたちをサポートする仕組みをうみ、現在までの寄付額は約7000万円にのぼる。現在は、「体を動かすこと」でその人の健康を見直すきっかけを作り、「いつまでも健康で豊かな人生を送る人を増やしたい!」と、体に関するセミナーや大会の企画運営、講演、スポーツボランティアのマネジメントなどを行っている。
LINEで送る
Pocket

   
 

この記事のメッセージ、コメントお待ちしてます。