Be Active!

【イベント】ノルディックウォーキングで巡る秋の横浜

LINEで送る
Pocket

<ノルディックウォーキングで巡る秋の横浜>

image1

北欧フィンランド生まれの「ノルディックウォーキング」で、港町横浜を巡ってみませんか?

NW専用のポールは、地面をしっかり押し出して歩ける工夫がされていて、
初めての方でもすぐにコツをつかめ、グイグイ前に進む軽快なウォーキングを楽しめます。
さらに、通常のウォーキングよりも、上半身もしっかり使い、歩幅も大きくなるため、
約90%の筋肉を動かす全身運動につながり、
消費カロリーも約20%アップすると言われています。

コースは、アメリカ山公園をスタートして、山手西洋館、大桟橋、赤レンガ倉庫など、
横浜の代表的人気スポットを巡り、ランドマークタワーの真下、
日本丸メモリアルパークがゴールの約8kmです。
そのスポットとスポットをつなぐ散策路も今回のオススメポイント。
信号も、車の往来もほとんどなく、横浜の街を気持ちよく歩けるNWにピッタリのルート。

歩いたら、なぜ、みなとみらいではなく、
アメリカ山公園を出発地点にしたか、分かっていただけると思います!
参加者のみなさん同士おしゃべりをしながら、
横浜のオシャレで、開放感たっぷりの景色を眺め、途中カフェタイムでちょっと一息。

ノルディックウォーキングならではのアクティブ、
でも、のんびりな、横浜の秋の1日をみんなで楽しみましょう!
みなさまのご参加お待ちしております。

ナビゲーター:黒木 公美(一般社団法人 アウトドアフィットネス協会ベーシックインストラクター)

offevent1031

<日時>
10月31日(土) 
9時15分 アメリカ山公園集合 
9時30分 スタート
13時頃   日本丸メモリアルパーク解散

<参加費>
2500円(ポールレンタル代300円込)
当日受付時にお支払いお願いします。
ポールをお持ちの方は2200円

<お申し込み>
こちらのフォームよりお申込みください。

<集合・解散場所>
・集合:アメリカ山公園 
みなとみらい線「元町・中華街」駅直結(6番出口)

・解散:日本丸メモリアルパーク 
JR根岸線、市営地下鉄ブルーライン「桜木町」駅下車 徒歩5分、みなとみらい線「みなとみらい」駅下車徒歩5分

<服装>
・歩きやすい服装&シューズ
・ポールを持って歩くので、両手があくようにリュックもしくは斜めがけバッグ、ウェストポーチでお越しください。
(大きな荷物がある方は、駅のコインロッカーなどを活用ください)
・帽子やサングラスなど紫外線対策のできるもの

<持ち物>
ドリンク、お天気によっては雨具
紫外線対策として帽子、サングラスなどはお好みでご用意ください。

<懇親会>
横浜でのランチを予定しております。
予約の都合上、参加ご希望の方は申込みフォームにチェックを入れてください。
(懇親会費用は参加費に含まれません。)

<定員>
12名

締切は10月25日(日)
締切前に定員に達した場合はその時点で締切ます。

<その他>
・雨天時中止。その際は前日18時までに決定し、ご登録のメールアドレス、Be Activeのフェスブックページにてお知らせいたします。
・レンタルポールをご希望の方は、ポールの手配の都合上、10月26日(月)以降のキャンセルはご遠慮お願いします。
 場合によって、レンタル代をご請求させていただきます。ご了承ください。
・保険への加入はしておりません。健康管理、歩行時の安全には各自十分ご注意ください。

この記事の著者

森村ゆき
森村ゆき
RunforSmile株式会社代表取締役。2004年に初挑戦したホノルルマラソンで、改めて体を動かす素晴らしさを体感し「より多くの人に体を動かす素晴らしさを味わってほしい!」と“スポーツ”と“コミュニティ”をキーワードに、さまざまな活動をスタート。
2005年、ホノルルマラソン完走をきっかけに友人たちと立ち上げた『PARACUP~世界の子どもたちに贈るRUN~』は、楽しみながら走ることで世界の子どもたちをサポートする仕組みをうみ、現在までの寄付額は約7000万円にのぼる。現在は、「体を動かすこと」でその人の健康を見直すきっかけを作り、「いつまでも健康で豊かな人生を送る人を増やしたい!」と、体に関するセミナーや大会の企画運営、講演、スポーツボランティアのマネジメントなどを行っている。
LINEで送る
Pocket

   
 

One Comment

  1. 大瀧恵美子

    お世話様です。
    10月31日開催のノルディックウォークに参加を希望しましたが、都合が悪くなりました。
    ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、キャンセルをお願いします。
    とても楽しみにしていたので残念です。
    次回を楽しみにしています。

    大瀧恵美子

    返信

この記事のメッセージ、コメントお待ちしてます。