Be Active!

【イベント】2016年のスタート。カラダに新しい刺激を!新春ボルダリング!

LINEで送る
Pocket

2016年のスタート。カラダに新しい刺激を!新春ボルダリング!

Be Active!は体を『動かす喜びを!一歩踏み出して自分を変えよう!』をテーマに
体を動かすことでActiveな人生を送っている人をインタビューしています。
その中で、もっと気軽に体を動かすきっかけを作りたい!と様々なスポーツにチャレンジできるように
イベントを開催しています。

今回は、青山のジムRock&wall様のご協力により、ジムを貸し切って、
ボルダリングにチャレンジしてみたいと思います。
まったくはじめての方にも楽しんでいただけるように、講師の方をお招きし、
基本のインストラクションから丁寧にお伝えします。

ボルダリングは楽しみながら全身をバランスよく使えるエクササイズ。
みんなでゲーム感覚で楽しむこともできますし、体だけではなく頭も使いながら楽しむ、
ゲーム性のあるスポーツです。

「一度やってみたかった!」なんて初めての方も大歓迎です。2016年、新しいことからスタートしてみませんか?

20160116

<講師>
 山田隆さん
 ボルダリングの整体院 代表  一般社団法人 日本リリーフセラピー協会 理事

tamadatakashi

クライミングショップCalafate(カラファテ) スタッフ・patagoniaプロダクトトレーナー・ボルダリングスペース・ブロー マネージャー など
クライミング・登山歴20年以上
高校時代からクライミングを始める
・ボルダリング・ロープクライミング・積雪期登山・アルパインクライミング・トレイルランニング・バックカントリースキー、などあらゆるジャンルで活動
・元国体(登山)神奈川県代表
・北米大陸最高峰マッキンリー山(デナリ)登頂ほか

<ボルダリングの魅力>
東京オリンピックの種目候補にもなって注目度大のボルダリング。

ボルダリングは専用シューズだけでできるシンプルなスポーツです。
一人でも仲間とでも楽しめるとっても自由なスタイルも魅力です。
楽しみながら全身をバランスよく使うのでエクササイズとしても効果的。

本能的な集中力を引き出してくれるのでストレスも発散できます。
ボルダリングはもともと自然の中の岩を登る遊びです。

登山やキャンプとあわせて楽しめるのでアウトドアへの入り口にもなっています。

ルールは「登れるか登れないか」だけ。
結果や上達度合いがはっきりわかる明快さも魅力です。
雨でもどんな季節でも一人でもOKです!

 

<お申込み>
こちらのフォームよりお申込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/e48d80fb403732

 

<日時>

2016年1月16日(土)
※開始時間を9:00から10:00に変更いたしました。(1月5日変更)

10:00~ Rock&wallボルダリングジム 現地集合
      http://www.rockandwall.jp/
   ※着替えなど(施設内に更衣室がございます)

10:20 インストラクション(安全上のご注意点などご説明します)
   まずは自由に壁を登ってみよう

11:00 スポーツとして楽しむためのインストラクション
   難易度やルールを意識して登ってみよう

12:00 みんなでちょっとしたゲームをしながら登っていただきます

12:30 ボルダリング終了・着替えなど

12:45 終了

13:00~   青山にてランチ(希望者のみ)

<服装・持ち物>

・動きやすい服装(Tシャツやジャージなどで結構です)
・靴下をお持ちください。
・ドリンク(ジム内にドリンクの自販機もございます)

・汗拭き用タオル

<その他ご注意点>

手足の爪を切っておいてください。
(手の爪が長いと登るのが難しいです。専用シューズはタイトなので足の爪が長いと痛くなることがあります)

 <定員>

 15名

<参加費>

4,200円(施設利用料、専用シューズレンタル代、講師によるレクチャー代込み シューズご持参の方は3,800円)
当日受付時にお支払いお願いします。お釣りのないようにご協力お願いします。

 

この記事の著者

森村ゆき
森村ゆき
RunforSmile株式会社代表取締役。2004年に初挑戦したホノルルマラソンで、改めて体を動かす素晴らしさを体感し「より多くの人に体を動かす素晴らしさを味わってほしい!」と“スポーツ”と“コミュニティ”をキーワードに、さまざまな活動をスタート。
2005年、ホノルルマラソン完走をきっかけに友人たちと立ち上げた『PARACUP~世界の子どもたちに贈るRUN~』は、楽しみながら走ることで世界の子どもたちをサポートする仕組みをうみ、現在までの寄付額は約7000万円にのぼる。現在は、「体を動かすこと」でその人の健康を見直すきっかけを作り、「いつまでも健康で豊かな人生を送る人を増やしたい!」と、体に関するセミナーや大会の企画運営、講演、スポーツボランティアのマネジメントなどを行っている。
LINEで送る
Pocket

   
 

この記事のメッセージ、コメントお待ちしてます。