Be Active!

走りはじめて、昔は絶対に話さなかった人とつながった。(千葉慎也さんvol.2)

LINEで送る
Pocket

今回インタビューさせていただいたのは千葉慎也さん
自然派ダイニングBareGREEN(ベアグリーン)オーナー。
前職では開発コンサルタントとして、国内外各地で仕事に従事していたが、食に興味を持ち2014年に飲食店を開業。元々マラソンには縁がなかったが、彼女(新婦)に影響されマラソンを始める。(2015年11月結婚予定)ハネムーンでは、学生時代から国際協力活動などで海外に頻繁に足を運んでいた背景から、学生時代からの夢であった世界一周とマラソンをかけあわせ、世界一周旅行をしながら各地のマラソン大会に出場することを計画中。「ハネムーンマラソン」は2016年1月より出発予定。現在鋭意準備中。
ハネムーンマラソン世界一周ぐるりRUNWEBサイトhttp://honeymoonmarathon.com/
自然派レストランBareGREEN(ベアグリーン)http://baregreen.sunnyday.jp/

 

_前回のインタビューでは、走り始めたきっかけ、初フルマラソンのときのことを伺いました。
今回は実際に走って変わったことについて伺っていきます。


“走る”をキーワードに人が集まってくる。


_お店のお客さんと走るって素敵ですね。

そうですね。僕が誘わなかったら、お客さんはお店に来てくれる人、で終わるんですけど、一緒に走るってなるとそれなりに連絡を取りあうようになるし、どれくらい走った? とか連絡が来たりするんですよ。

_大会に向けてみんなで練習とかもするんですか?

一緒にではないですけど「俺、今日これだけ走ったよ!」ってメールがきたり、まったく走らないような人は「今日は二つ先の駅から歩いて帰ってきたよ」とか。そういう連絡が来たりします。走ることそのことよりも、走ることを通して仲が深まったり、再会があったりが楽しいです。

_再会?

前の職場の人達とは、会社を辞めてしまったあと、何もなかったらもう会わないんだろうなって思っていたんですけど、「今度こういうランニング大会があるんですけど一緒に出ませんか?」って誘うとのってきてくれて、一緒に走ったりとか。スポーツって、サッカーとかだとサッカーボールと、場所を抑えることが必要ですけど。マラソンは走るだけなんで。気軽にみんなが参加できて「走ろうかな」って言ってくれる。再会して仲間が増える。それがいいなって思っています。

chiba


_お客さんを誘うようになったのはどういうきっかけですか?

お店で「この前東京マラソン走ったんです」っていう話から始まって、「来月こういうリレーマラソンとか出ようと思っているんですけど……」って、最初は冗談っぽく「走りませんか?」って言ってみるんですけど、そうすると割とのってきてくれるんですよね。走らなそうなお客さんも。

_「へぇ~、面白そうー!」みたいな?

そうそう。リレーマラソンだと、だいたい1周が2キロとかじゃないですか。「2キロ~3キロを交代で走るだけでいいし、走れる人が走ればいいし、走れない人はできる範囲でいいから。一緒に走りましょう」とか言うと、割りとのってきてくれるんですよね。

_走ることは楽しくない、と言っていたのに、お客さんや周りの人をそうやって誘っている、その変化がすごいね。

そんなことないです。絶対走らなそうな人までのってきてくれのはうれしいです。

_走ることがひとつのコニュニケーションの手段になっているんですね。

そうなのかなって思います。もちろん今は走ることは好きですよ。好きじゃなかったらもう一回走ろうとかいわないので。でも、一人で走っているよりみんなで走っている方が楽しいからですからね。

_誘うときは「この人なら走ってくれそう」みたいな確信があるんですか?

いや、絶対走らないだろう、みたいな人を誘っています。でも、意外とみんな「走ろうかな」とか「走らないでおこう」とか、そういうことすら考えないんだと思います。そういう人って。「運動しよう」とか「多分走れないからやめよう」とか、あまりそういうことも考えてもいないんです。多分誘われたら走るんですね。マラソンとか、走るって選択肢がないような気がします。

_それは誘った時に思うの?

誘ったら、普段、全然走ったことない人でも走ってみようかなっていうので、多分走る、走らないっていうのがない。誘えば走ろっかなってなってくれるんです。いろんな人を誘って、自分以外知らない人同士のときもあるんですけど、みんな友だちになったりして。

_そういう意味ではリレーマラソンみたいなイベントは誘いやすいし、参加しやすいのかもしれませんね。

そうですね。走らない人が走っているのは楽しいですね。走り終わるとみんな笑顔で「また誘って!」って言って帰っていくので。


_ハネムーンマラソンの企画はどういう経緯でスタートしたのですか?

ハネムーンマラソンの企画は単純に東京マラソンとか、横浜マラソンとか日本国内のマラソンだけでも盛り上がるので、それを海外に行って海外の人から応援されたり、一緒に走ったらどうなるんだろう?って。その国々の雰囲気とかってどういうものなんだろう?って、そういうことに興味がありました。それから、年を重ねて落ち着く前にいろんな大会に出てみたいな、って。

_もともと海外とかはよく行っていた?

海外はよく行っていました。仕事でもプライベートでも。

_旅好き?

旅好きでした。よく旅をしていました。35〜6カ国くらい旅しました。

_すごいですね!

いやそんな。ふらふらしていただけですけど。
旅が好きなのと、世界中のマラソンを走ってみたいと思ったのと。

_またハネムーンマラソンに行ったら、今まで以上にマラソンを通じていろんな人とつながりますね。

そうですね。インドとか、アフリカとかどんなんなんだろう?ってすごく興味があります。応援もそうですし。エイドで何が出てくるんだろうとか。そういうのが面白いですよね。世界を見たら次は日本でいろいろ出てみたくなる気がしますね。

走って変わったことは、普段絶対話さなかった人と繋がるきっかけになったこと。

_走り始めてから変わった事ってありますか?

友達とか知り合いが増えたような気がします。お客さんと一緒に走ったり、走友会の方がお客さんだったり。最近では、お客さんとマラソンのトークで盛り上がったりしています。うちのお店で宴会とかしてくれたりして、輪が広がっています。「マラソン今度あるんだけど、出ない?」ってお客さんから誘われたりもするようになりました。
一回お店の外の黒板に「東京マラソン、横浜マラソン完走記念で飲み物半額!」をやってみたんですよ。そうしたら、それを書かなかったら絶対に話さなかったようなお客さんも話しかけてきてくれて。「マラソン走ったんですか? 俺も実は走るんだよね」という感じで仲良くなったりして。なので、走って変わったことは、普段絶対話さなかった人と繋がるきっかけになったこと、かな。

_楽しみが増えている感じですね。

イベント事が増えた感じはしますね。休日の過ごし方の一つに。

_続けるための工夫はありますか?

そうですね。月に1回何かしらエントリーしてみる。日常的に走るっていうのもそうなんですけど、定期的に大会に申し込んで走る。ちょっと旅行気分にもなるし、練習する気にもなります。

_ハネムーンマラソン楽しみですね。今どんなお気持ちですか?

想像つかないですね。そんなに走れるのか、若干心配ではあります。
楽しみ半分、不安半分ですね。体壊したらどうなるんだろうとか。足が痛くなって走れなくなったらどうしようとか。でも楽しみですね。どんなことが待っているのかとか。

_なかなかできる経験じゃないですが、体は大事にしてくださいね。

はい。ランニングを始めて良かったです。走らなかったらハネムーンマラソンとか絶対に思いつかないですし。

_走らなかったら結婚もなかったかもしれないですしね!笑

結婚もなかったと思います。
ハネムーンマラソンから帰ってきた後、どうしていこうか考えているんですけど、アスリートカフェではないですけど、ランニングを絡めたお店をできたらなっていうのはぼんやりと考えています。

chiba


_素敵ですね!「疲労回復メニューあります!」みたいな黒板だしたり。そしたらまたランナーが集まっちゃう。

そうそう。こんなにランナーっているんだって驚きました。全然走らなそうな人が「この前ウルトラマラソンを走ってきた」とかありますからね。

_出発前から帰国後も楽しみですね!

はい。楽しんで行ってきます!

ありがとうございました。
超体育会系だったと思わせない、ランニングをコミュニケーションツールしてとらえているお話がとても印象的でした。人とのつながり、楽しみの共有。そのために千葉さんの中にランニングが根付いているように感じました。約半年にわたるハネムーンマラソンの企画も、人とのつながりをたくさん作りながら楽しんでくることでしょう。帰国後もまたお話を伺ってみたくなりました。

 

 

この記事の著者

森村ゆき
森村ゆき
RunforSmile株式会社代表取締役。2004年に初挑戦したホノルルマラソンで、改めて体を動かす素晴らしさを体感し「より多くの人に体を動かす素晴らしさを味わってほしい!」と“スポーツ”と“コミュニティ”をキーワードに、さまざまな活動をスタート。
2005年、ホノルルマラソン完走をきっかけに友人たちと立ち上げた『PARACUP~世界の子どもたちに贈るRUN~』は、楽しみながら走ることで世界の子どもたちをサポートする仕組みをうみ、現在までの寄付額は約7000万円にのぼる。現在は、「体を動かすこと」でその人の健康を見直すきっかけを作り、「いつまでも健康で豊かな人生を送る人を増やしたい!」と、体に関するセミナーや大会の企画運営、講演、スポーツボランティアのマネジメントなどを行っている。
LINEで送る
Pocket

   
 

この記事のメッセージ、コメントお待ちしてます。